看護師の休暇

看護師は、どうしても休みが取りにくい職業になります。それは、病院は休みがなく24時間人がいなければなりません。
それは、もし患者さんにたいして何らかの急変がある場合対応しなければなりません。そのため夜でも人を配置しなければなりません。
看護師は、交替制勤務となっています。基本的に2交代制か3交代制となっています。2交代制は、1人あたり12時間勤務になります。
3交代制は、1人あたり8時間勤務になります。
また、これはあくまで目安なので職場によって異なります。この他にも当直や夜勤でも2種類に分かれています。これらは、月に8回までと制限されています。もちろん病院によって異なりますがほとんどの場合、手当は昼間勤務するよりも多く稼ぐことができます。
看護師は、基本的にシフトで組まれています。そのシフトに従った休日となるため、必ず土日が休めるとは限りません。勤務形態によって違いますが平均的に週に2日は休みが取れるようになっています。看護師の勤務体系では、ちょっとずつですが改善されてきていますがまだ改善できる部分はありそうです。
このように、看護師の休日となる日は固定されていません。そのため、スケジュールが立てにくいと思います。規則的な生活ができないため体調を崩しやすいと思います。特に夜勤で、働いている方は昼夜逆転の生活になるために不規則になってしまいます。生活が不規則なため、くれぐれも体調に気をつけてください。

—–Link—–
「看護師のお仕事事情」
URL:http://night-shift-nurse.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です