看護師の勤務体制

看護師の仕事は、24時間体制で行うところもあります。それでは休暇が取れないと心配されると思います。
しかし、夜勤には交代制の勤務を採用している病院がほとんど。2交代制が3割、3交代制が7割と採用している病院が多くなっています。
まず2交代制は、1日を2分割して業務を行います。基本的には、1日12時間業務になりますが実際は、日勤の方が勤務時間が長いです。
夜勤の方が若干時間が短いです。また、病院の状況によって勤務時間は異なりますが基本的にはこのような勤務体制です。
次は、3交代制ですが非常に変則な勤務体制になっています。
朝から夕方、夕方から深夜、深夜から、早朝とこのように分かれています。
シフトは、病院によって異なりますが一般的にはこういった形が多いようです。
最後に、夕方から翌朝にかけて勤務する当直は勤務時間が長いです。勤務時間が長い分勤務中に仮眠を取ることができます。国の方針では、月に8回となっていますが看護師の人材が足りていないので超えている場合が多いです。
夜勤は病棟看護師として働くなら避けられない仕事です。夜勤時間は制限されていますが、人材不足などの問題から超えてしまうのが現実です。看護師の休日は、シフト制になっているため必ず休みが固定されることはありませんが育児休暇や介護休暇、有給休暇は採用されています。基本的な休日は、週に2日は休みが取れるようになるなど、勤務形態はちょっとずつ改善されていますがまだ改善することがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です