体調管理が重要な夜勤

看護師の体力的な面で一番つらいのはやはり「夜勤」です。自然の摂理に逆らい、夜起きて仕事をするというのはどんな仕事でもきついですが、責任が重く、緊張感の中夜勤をする看護師はかなり辛いのではないのでしょうか。しかし夜勤はとても重要で、昼間のうちはなんともなくても、夜になって容体が急変するということも多々あります。最近では看護専門学校や看護大学の研修などでも、夜勤に慣れてもらわないといけないという視点から、夜勤の実習もカリキュラムに入れてあるくらい大事な役割になります。それに看護師の勤務体制にも種類があり、2交代と3交代があります。2交代の場合は日勤と夜勤の2つ、3交代の場合日勤、準夜勤、深夜勤の3つに分かれています。特に2交代の夜勤の場合は、勤務時間が16時間から17時間と大変長く、また救急指定病院だと仮眠が取れない場合もあります。また3交代は3交代で、日勤が終わって家に帰り、深夜また病院に戻ってくるということが多く、通勤に時間がかかる人などは日勤後そのまま仮眠室で睡眠をとり、また勤務に戻るというような状況の人もいます。しかしだいたい8時間区切りなので緊急指定のかなり忙しい病院では、長時間の2交代制より少しは気が楽です。どんなにきつい辛いと言え看護師の夜勤はなくなることはありません。いつ急変してもおかしくない病気に対応できる大切な役割です。自分の体調管理、自己管理をきちんとし、自分の体も大切にしつつ、夜勤を上手にこなしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です